何故、ホクロをホクロと言うの? ほくろ除去の仕方

ほくろはレーザーで治療!?
もぐさでホクロは取れる!?
クリームで除去!? 

ほくろについて

ホクロについて

ほくろ除去の方法・種類

ほくろと病気

ほくろの豆知識

プロフィール

紗希について

私の名前は「紗希」と申します。二児の母でございます。

私は昔から、たくさんのホクロがありました。また、顔に膨らんだ大きなホクロが一つありコンプレックスでした。大人になってから、 初めてほくろを除去したのはレーザー治療で手首付近にあるほくろでした。その時の金額は11000円でした。綺麗に取れましたが、一つ一つ取っていった時の合計金額を考えると・・・
そんな時、知り合いから「もぐさでホクロを取った」という話を聞きました。どこで購入したかを聞いた後、実際に購入し試したところ、レーザーと変わらず綺麗に取れました。
もぐさを知ってからは、自分で一つ一つ除去していき、顔の大きなほくろも取りました。 今は気になるところのホクロが、ほとんど無くなってホッとしてます。 もぐさのお薦めポイントは、一人で簡単に除去できることや安価であることなどがあると思います。
一応、私が購入しているサイトのリンクを張っておきます。⇒ ほくろ除去もぐさ
調合・販売している大平さんがとても親切丁寧で、私の場合、ホクロの写メを一緒に送ったらアドバイスも頂きました。
今では、ほくろコンプレックスもなくなり楽しい生活を送ってます。

ほくろ除去の仕方 何故、ホクロをホクロと言うの?

トップ >> 何故、ホクロをホクロと言うの?

ほくろの言葉の由来

どうでも良いことと思いますが、ホクロは何故、ホクロと言うのでしょうか。
日本では昔は「黒子(ほくろ)」のことを、「母糞(ははくそ)」と読んでいたようです。

字の如く、汚らしいニュアンスでありますが、意味は文字通り、「母胎内でついた糞」であります。母糞とはよく言ったものです。
鎌倉時代初期に色名の「くろ(黒)」とコンタミネーションを起こして「ははくろ(母黒)」という語が生じ、ハワクロ→ハウクロ→ホウクロとなり、室町時代末期に現在の「ホクロ」になったというのが通説のようです。
母糞と名付けるところが日本人らしいロマンの無さをうかがえますね。
ということは、私 紗希の顔には以前、母の糞がいっぱい付いてたことになるのか"o(><;)o o(;><)o"

西洋では、当然ですが「母糞」なんて呼びません。
日本とは正反対でキレイな表現の言葉として使われています。
それは「グレン・ド・ボーテ」と言います。 翻訳すると「美の豆粒」という意味になります。
日本と違って、断然美しいイメージが湧きますね。


累計:   本日:  昨日: