レーザー治療(種類・費用・保険) ほくろ除去の仕方

ほくろはレーザーで治療!?
もぐさでホクロは取れる!?
クリームで除去!? 

ほくろについて

ホクロについて

ほくろ除去の方法・種類

ほくろと病気

ほくろの豆知識

プロフィール

紗希について

私の名前は「紗希」と申します。二児の母でございます。

昔は、たくさんのホクロがありコンプレックスを持ってました。
大人になってから、一つ目をレーザー除去し、その時の金額は11000円。
取りたいほくろの数が多かったので、他に何か方法がないかと調べ、友達に教えてもらうなどして、その後はもぐさで除去するようになる。
安くて自分ででき、レーザーと同じぐらい綺麗に取れたので、私と同じ悩みがある人にはほくろ除去もぐさを勧めてます。
私が購入していたサイト
         ⇒ ほくろ除去もぐさ
今では、ほくろコンプレックスもなくなり楽しい生活を送ってます。
おまけに体験者たちの声のページを見つけました☆ 除去もぐさ 体験者の声


ほくろ除去の仕方 レーザー治療の費用・種類・保険

トップ >> レーザー治療

レーザー治療とは

ほくろ除去の方法として、真っ先に思いつくのはレーザー治療ではないでしょうか。
私 紗希も一番最初のホクロはレーザーで取りました( ̄ω ̄)(ーωー)
レーザーとは人工的に作り出す強い光のことで、そのレーザーでほくろを治療するのです。ほくろを治療する時に使用するレーザーには種類があり、「炭酸ガスレーザー」、「Qスイッチヤグレーザー」があります。3mm程度のホクロ除去の場合、10,000円程度が相場のようです。私 紗希は11,000円でした (((((#$▽$)ノ〜~~~(([\11.000]
美容目的のほくろ除去は基本的に保険が適用外になってしまいます。「基本的に」がポイントです。下に、保険についても記載しておきます。
また、大きいホクロになってくると病院では「切除縫合法」、「電気メス」、「くり抜き法」「凍結療法」などがあるようです。まずは、一般的なレーザーをご紹介します。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーはレーザーメスとも呼ばれていて、5mm以下のほくろや、盛り上がったほくろの治療に効果的です。ほくろ除去する原理は、水分と反応し熱を発生、瞬間的にほくろを蒸散させるのです。知り合い曰く、「レーザーを当てたほくろがみるみると蒸発するように無くなっていった!」とのことです。

Qスイッチヤグレーザー

黒い色素(メラニン色素)にだけ反応するQスイッチヤグレーザーというものがあります。表面が平らなほくろに有効な治療法です。
メラニン色素だけに反応するレーザー光で、周囲の細胞組織を傷つけることなく治療ができます。 痛みや出血もなく、大変短いの時間で治療できますので、負担の少ない治療法と言えると思います。但し、メラニン色素が原因のほくろ意外には効果がありません。
私 紗希がレーザーで利用したのはこちらです
             ☆━━━━━…・・・・ヾ( ̄▽ ̄ヽ)

Qスイッチヤグレーザーのほくろ以外の使い場所としては、レーザー脱毛や、シミの除去にも使われていたりするようです。
また、先に紹介した炭酸ガスレーザーと両方使う場合もあります。皮膚に傷あとが残らないように盛り上がったほくろの表面を炭酸ガスレーザーで削って、 それからQスイッチレーザーで残った色素細胞を取ってしまうという使い方です。
私はもぐさ除去するようになったので数取る時に費用は安く抑えれましたが、15、20個という数をレーザーで除去していたら、幾ら金額がかかってたのでしょう( ̄Д ̄;)

レーザー以外の病院治療

ほくろが大きなものになると病院ではレーザー以外の方法で除去する時があります。
参考までに載せておきます。

【電気メス】
お医者様の、腕の善し悪しが出てしまう療法と言われてます。
直径が5mm以下の盛り上がったほくろに有効であり、レーザー除去に似た感じで削り取ります。治療時間は数分で、その日から洗顔やお化粧も大丈夫です。
ただ、加減が難しくて深く削りすぎると傷跡が残り、浅すぎると取り残してしまい再発する可能性があると言われています。これだけ聞くと、同じ削りとるなら電気メスより炭酸ガスレーザーがいいですね。

【切除縫合法】
ほくろの周囲をメスで紡錘形に切り取り、縫い合わせますので、ほくろの直径の約3倍ほどの一直線状の傷が残ります。小さな傷ですのでお化粧をすれば見えないと思います。
痛みは2〜3日続くようですが徐々におさまり、傷跡が治るまでには約2〜3ヶ月かかると言われています。
大きなほくろと小さな傷では天秤にかけてしまいそうですが、悪性の可能性があるのなら、それも致し方ありませんね。

【くり抜き法】
局所麻酔をして、円筒状の器具を用い皮膚をくり抜き、その後は縫わずに軟膏治療する方法です。
小さいほくろに効果を発揮し、傷跡はほとんど目立ちませんが、大きなほくろは傷口のへこみが残りやすく、傷跡が目立ってしまう可能性がります。 傷口は10日ほどでふさがるようですが、くり抜き法はほくろの取り残しがある可能性があるようです。

【凍結療法】
イボなどでよく使われる治療法です。-196℃の液体窒素を含ませた綿棒をほくろに押し当てて、ほくろを凍らせたら、数日でかさぶたのようになり取れるという方法です。
いぼではなくほくろでも行われることもあり、傷が残ることはほとんどないようです。

レーザー以外の療法も記載しましたが、普通のほくろならレーザーが一番と思います(・-・*)

ほくろ除去に保険は適用?

病院で除去した場合、保険は適用されるのでしょうか?
私 紗希は適用されませんでした(T_T)
基本的に美容目的で行えば、保険は適用になりません。但し、悪性の可能正がある大きいほくろであれば、保険適用になります。お医者様の判断一つですが、病気などに関係する悪性の除去以外で行くときは、保険が適用されないのを前提で行き、適用されたらラッキーぐらいでいましょう。
また、小さなホクロを複数とかになると、特に悪性のため除去とは判断されにくいと思います。
私の場合、最初のレーザー以降は自分一人でもぐさ除去していたので安くてすみましたが、金額が関係ないのであれば信頼できる病院にレーザー治療してもらうのが一番かもしれませんね( ̄ェ ̄)ノ

ほくろ除去用もぐさ販売店

ほくろ除去できる病院

ほくろを除去する科は、美容外科・皮膚科・形成外科です。

 

現在、旦那でほくろ除去を試している姿を公開中です(笑 私は既に取ってますから)
肌がキレイになるまでの経過写真やムービーも、そのままブログで公開していきます。

 2010.02.11  ほくろ除去もぐさに使う「線香」を購入(写真あり)
 2010.02.12  取る前に、まずは旦那のほくろ写真(写真あり)
 2010.02.13  ほくろ取ってる姿をムービー化(映像あり)
 2010.02.14   2日目-旦那で実験2日目
 2010.02.15  3日目 - 本日でもぐさ実施は終了。明日から様子見。(写真あり)
 2010.02.17  5日目 - 徐々にほくろが枯れてきました。(写真あり) 
 2010.02.19  7日目 - ほくろが取れました。(写真あり)
 2010.02.26  取れて7日目 - 徐々に赤みがひき、凹みは完治(写真あり)
 2010.03.06  取れて15日目 - 跡がほとんど消え、次のほくろも取れました。(写真あり)


累計:   本日:  昨日: