除去用クリーム ほくろ除去の仕方

ほくろはレーザーで治療!?
もぐさでホクロは取れる!?
クリームで除去!? 

ほくろについて

ホクロについて

ほくろ除去の方法・種類

ほくろと病気

ほくろの豆知識

プロフィール

紗希について

私の名前は「紗希」と申します。二児の母でございます。

私は昔から、たくさんのホクロがありました。また、顔に膨らんだ大きなホクロが一つありコンプレックスでした。大人になってから、 初めてほくろを除去したのはレーザー治療で手首付近にあるほくろでした。その時の金額は11000円でした。綺麗に取れましたが、一つ一つ取っていった時の合計金額を考えると・・・
そんな時、知り合いから「もぐさでホクロを取った」という話を聞きました。どこで購入したかを聞いた後、実際に購入し試したところ、レーザーと変わらず綺麗に取れたのです。
もぐさを知ってからは、自分で一つ一つ除去していき、顔の大きなほくろも取りました。 今は気になるところのホクロが、ほとんど無くなってホッとしてます。
一人で気軽に除去できることや安価であることがイイですね。
一応、私が購入しているサイトのリンクを張っておきます。⇒ ほくろ除去もぐさ
調合・販売している大平さんがとても親切丁寧で、私の場合、ホクロの写メを一緒に送ったらアドバイスも頂きました。
今では、ほくろコンプレックスもなくなり楽しい生活を送ってます。
おまけに体験者たちの声のページを見つけました☆ 除去もぐさ 体験者の声



ほくろ除去の仕方 除去クリーム

トップ >> 除去用クリーム

ほくろ除去クリームの種類

ほくろ除去クリームというのがあるのはご存じでしたか?
日本では薬事法などにも触れるため正規販売されているクリームは一つもないはずです。但し、購入することは日本でも簡単にできます。
「海外からの個人輸入業者」か「ネットオークション」で購入するのです。
日本では販売許可されている物ではありませんので、自己責任で使用しなくてはいけませんが、クリームで手軽にホクロを除去でるのは魅力的ではあります。
私は もぐさ で除去派(もぐさのページ)ですので、クリームは使ったことがなく知識だけになります(^ ^;A
まず、ほくろ除去クリームには大きく分けると3種類あります。
『天然ハーブタイプ』と『漢方タイプ』と『成分にフェノールが含まれてるタイプ』です。

天然ハーブタイプのほくろ除去クリーム

天然ハーブタイプのほくろ除去クリームとして一番有名なものは、WARTS AND MOLE VANISH(ワートモールバニッシュ)、通称『WMVクリーム』と呼ばれている製品だと思います。
日本語訳は「ウオノメ・ほくろ除去」クリームになります。
WMVクリームは塗る前にほくろに小さな傷をつける必要があり、その上からクリームを塗ります。
私は傷をつけるのが怖いので無理かも((((;゚Д゚)))
ほくろ除去までの期間は、長くても1ヶ月足らずで除去でき、値段は1万円前後のようです。
因みに、痛みなどがあるホクロや、潰瘍性のホクロには使用できません。
そしてクリームによってひどくなる場合も考えられないわけではありませんので、購入する際には口コミなど、まず情報を集めてみることをお勧めします。

漢方タイプのほくろ除去クリーム

漢方でホクロ除去するのは、実は中国や台湾では民間療法として古くから行われている方法のようです。
日本で もぐさが古くから行われてたのと
             同じようなものかな( ̄~ ̄;)

漢方クリームは天然漢方薬草成分を使用しており、肌に問題が生じたりといった副作用もないと言われてます。塗る際には多少しみるようですが、すぐに治まり、そして10日から2週間程度でほくろがかさぶた状になって取れます。かさぶた跡も、ほくろが取れた後はしばらく赤みが続き、徐々に目立たなくなっていくとのことです。
取れ方が凄くもぐさに似てると思うのは紗希だけかな('ー ' *)
ただし、残念なことに個人輸入業者から手に入れるしかありませんので、原価・輸入代行手数料・消費税・送料などをすべて含めて、3万円前後が相場のようです。
あら、イイ値段するのですね(T_T)
ほくろ除去で検索すると、漢方クリームではよく「アトリエ詩絵里」という個人輸入店を見かけます。

フェノールが含まれるクリーム

中国製クリームや輸入クリームなどの名前で販売されてるクリームの中には、フェノール(石炭酸)という成分が記載されているものがあります。
フェノールとは、石炭を原料としてコールタールを処理する過程で得られる副産物だそうです。
腐食性があり、皮膚に触れると 薬傷をひきおこします。要は腐蝕させ、ほくろを除去します。
人体に対する毒性があり、使う時は正常な皮膚も溶けないように 細心の注意が必要と思います。
レーザーも熱傷などでほくろを破壊するものですから、毒物でほくろの組織を破壊して除去するのは分かりますが、私は毒性があると分かっていて使うのは怖いです(((( ;゚д゚)))

思うところ

クリームが危険と言われることがありますが、個人個人がきちんと使い方を知らないことによる被害と個人輸入のため騙しがあるからのようです。
自分で除去するのは手軽で気軽で良いですが、最終的に自己責任になりますので、自信が無い方は医療機関で見て貰うのが良いかもしれません。
安く手軽にこっそり行うには、私が艾"もぐさ"で行った時のように分からないことがあったら質問し、目立たない場所の小さなホクロから試していき、顔などは使用方法にも慣れてきてから行うのが一番かも知れませんネ♪(゜ー゜*)

思うところ今のように医療機器が発達する以前に先人の知恵として、日本では艾(もぐさ)でホクロを除去できることを、欧米ではハーブで除去できることを、中国・台湾では漢方で除去できることを発見し、それぞれにホクロが取れる薬草の調合法を見つけていったのではないでしょうか。
違ってたらゴメンナサイ( ̄▽ ̄;Aアセアセ

 

現在、旦那でほくろ除去を試している姿を公開中です(笑 私は既に取ってますから)
肌がキレイになるまでの経過写真やムービーも、そのままブログで公開していきます。

 2010.02.11  ほくろ除去もぐさに使う「線香」を購入(写真あり)
 2010.02.12  取る前に、まずは旦那のほくろ写真(写真あり)
 2010.02.13  ほくろ取ってる姿をムービー化(映像あり)
 2010.02.14   2日目-旦那で実験2日目
 2010.02.15  3日目 - 本日でもぐさ実施は終了。明日から様子見。(写真あり)
 2010.02.17  5日目 - 徐々にほくろが枯れてきました。(写真あり) 
 2010.02.19  7日目 - ほくろが取れました。(写真あり)
 2010.02.26  取れて7日目 - 徐々に赤みがひき、凹みは完治(写真あり)
 2010.03.06  取れて15日目 - 跡がほとんど消え、次のほくろも取れました。(写真あり)


累計:   本日:  昨日: