ほくろと癌(がん) ほくろ除去の仕方

ほくろはレーザーで治療!?
もぐさでホクロは取れる!?
クリームで除去!? 

ほくろについて

ホクロについて

ほくろ除去の方法・種類

ほくろと病気

ほくろの豆知識

プロフィール

紗希について

私の名前は「紗希」と申します。二児の母でございます。

私は昔から、たくさんのホクロがありました。また、顔に膨らんだ大きなホクロが一つありコンプレックスでした。大人になってから、 初めてほくろを除去したのはレーザー治療で手首付近にあるほくろでした。その時の金額は11000円でした。綺麗に取れましたが、一つ一つ取っていった時の合計金額を考えると・・・
そんな時、知り合いから「もぐさでホクロを取った」という話を聞きました。どこで購入したかを聞いた後、実際に購入し試したところ、レーザーと変わらず綺麗に取れました。
もぐさを知ってからは、自分で一つ一つ除去していき、顔の大きなほくろも取りました。 今は気になるところのホクロが、ほとんど無くなってホッとしてます。 もぐさのお薦めポイントは、一人で簡単に除去できることや安価であることなどがあると思います。
一応、私が購入しているサイトのリンクを張っておきます。⇒ ほくろ除去もぐさ
調合・販売している大平さんがとても親切丁寧で、私の場合、ホクロの写メを一緒に送ったらアドバイスも頂きました。
今では、ほくろコンプレックスもなくなり楽しい生活を送ってます。

ほくろ除去の仕方 ほくろと癌(がん)

トップ >> ほくろと癌(がん)

ほくろと皮膚癌(がん)

ほくろ自体はもともと「良性」の腫瘍のことを言います。ただ、これが何らかの形で悪性になると、癌(がん)になります。ホクロの癌は「メラノーマ」または「悪性黒色腫」といって、この皮膚がんの仲間です。
私 紗希も癌じゃないか心配だったので、その時に調べた見分けるポイントを下に書いておきます(^_^;

メラノーマとその他の皮膚癌

メラノーマ"Malignant Melanoma"(悪性黒色腫)とは、皮膚癌(がん)の一つで、ホクロによく似ています。
癌(がん)は細胞が変化を起こして増えていく病気であります。がん細胞はどこまでも増えますので、成長するとしこりになったり、盛り上がって崩れてきたりもします。皮膚がんも同じで、皮膚細胞が悪性に変わって増えたものです。メラノーマは皮膚癌の中でも一番質が悪いと言われており、成長スピードが速く、あっという間に他の組織に転移したりもします。

他の皮膚癌(がん)も見ていきましょう。メラノーマ以外に、表皮癌(ひょうひがん)、有棘細胞癌(ゆうきょくさいぼうがん)、基底細胞癌(きていさいぼうがん)があります。

「表皮癌」は、皮膚の極めて浅い層にでき、転移の心配がありません。
「有棘細胞癌」は、少し進行して癌の位置が深くなったものを言います。
「基底細胞癌」は、さらに深い層になったものです。

浅い層や深い層と書きましたが、これは何層にも分かれてる皮膚ですが、2mm前後の話です。

ほくろと皮膚癌の見分け方

ほくろと皮膚癌(がん)の見分け方を紹介します。
虫眼鏡などを使って拡大し、ホクロをご覧下さい。通常は以下のようなポイントがあります。

 1.ホクロは円形や楕円形の形をしており左右も対称に近いです。
 2.ホクロは一様であり、濃淡入り乱れてはいません。
 3.ホクロは境目がはっきりしており、スムーズであり、崩れた場所はありません。
 4.ホクロに出血やウミ、瘡蓋(かさぶた)など付いていません。
 5.ホクロは急に大きくなったり色や形が変わるなどの変化はありません。
   (紫外線などで増えることはあります。)


以上が簡単なポイントになりますが、
本当に心配な方は病院で見て貰いましょう。

← メラノーマ(皮膚癌)の写真です
   う〜、癌はホクロと違って少し気持ち悪い・・・ヽ(´〜`;)ノ


累計:   本日:  昨日: